マンスリーマンションに年単位で長期的に入居する際の注意点

Monthly Mansion

マンスリーマンションの意外な利用法

室内の様子

長期出張や建て替えなどで、一時的に居住するときに使うというイメージのあるマンスリーマンションですが、そうした必要に迫られた一時滞在だけではなく、実はもっとアクティブな使い方が出来ます。お薦めしたいのは、定期的にマンスリーマンションを移動して住環境をかえることでリフレッシュするという使い方です。マンスリーマンションは長期で借りる通常の賃貸マンションなどと異なり、保証人や敷金礼金などは一切不要で、さらに家具や電化製品は一通り整っています。ややこしい手続きや家具の買いそろえなどをする必要がないということは、それだけ自由にいろいろなところへ移動することが出来るということで、毎月別のマンションに住んでも問題はないのです。
さらにそのようにいろいろなところ移動する生活をしていく中で、もし住環境などが自分の好みに合うところが出てきたら、今度はそこに長めに居住し、近隣の良い物件が出てくるのを待つという方法も採れます。引っ越しで一番多いのは、周辺が夜になると騒がしいなど、住み始めたあとに判明する諸問題です。マンスリーマンションで事前に街のことを熟知した上で賃貸マンションを正式契約すれば、こうした問題は事前に織り込み済みとなりますので、もっと別の所の方が良かったのではないか、という後悔をせずに済みます。

TOP